ディーラーから買うデメリット

購入の選択肢が限られる

ディーラーは基本的に中古車であっても新車と同じように特定のメーカーと契約を結ぶため、そのメーカー車のみに絞り込んだ販売を行います。そのためメーカーを問わずに豊富な候補の中から探したいという場合には適していません。座席の座り心地や大まかなシルエットなどの比較や確認をしたいのであれば、ひと通り取り揃えている中古車販売店だと手軽に済ませられますが、ディーラーだとメーカーごとに渡り歩かなければなりません。またディーラーは新車を中心に取り扱っていることが多く、中古車を販売しているところがそもそも少ないです。したがって中古車を探す際にディーラーから購入するという条件を付けると、選択肢は大幅に狭まると考えた方が良いです。

高額に設定されやすい

ディーラーから購入する中古車は、価格が高めに設定されていることが多いです。仕入れ値が高かったり契約しているメーカーから最低額のラインを指示されているなど、理由は色々あります。またディーラーを選択するメリットには、整備や点検などがしっかりしているため信頼性が高いという点が挙げられます。しかしそれは裏を返せばそれだけの質を保つために費用がかかるという意味にもなり、その分はもちろん価格に上乗せされるため、最終的な価格は高くなります。 さらにディーラーだからといって、車の質の高さが絶対に守られるというわけではありません。ディーラーというネームバリューにあやかって、中間マージンを大きく取るようなところはあります。そのような場合だと、わざわざディーラーを選ぶ意味がなくなってしまいます。