ディーラーの選び方

担当者の人柄や応対を見る

長い付き合いになるディーラー選びでは、担当者の人柄にも注目する必要があります。何かあったときに気軽に相談することが出来たり、故障してしまったときには素早く対応してくれるような担当者を選びます。分からないことがあればきちんと答えてくれて、悪い情報も隠さずに教えてくれる人は信頼することが出来るかもしれません。まずは直接店舗に足を運んでみて、一度話しを聞いてみましょう。自分との相性が良いと感じた人や、何でも話せるような間柄になれそうな人を選びます。少しでも違和感を持ったり、信用することが難しいと思ったら違う店舗に足を運んでみるのも大切です。すぐに決めるのではなく、何度か話しをすることも見極めるときのポイントです。

知り合いに紹介して貰う

自分が欲しいと思っている車の所有者に、ディーラーを紹介して貰うのも賢いやり方です。もちろん飛び込みで入った店舗のディーラーにお願いすることも良いのですが、より良い相手を見つけるためにもなるべく紹介して貰いましょう。飛び込みで入ったお店で相性の良いディーラーに出会えるのかは、運次第です。何軒も足を運んでも出会えないことも少なくありません。そんな失敗を起こさないためにも、知り合いに頼んでディーラーを教えて貰いましょう。教えてくれるということは少なからずディーラーに対して嫌な思いは抱いていない可能性がありますし、良いディーラーを見つけるチャンスにも繋がります。ディーラー自身も紹介されたことを知っていればきちんと対応してくれますし、様々な値引きもしてくれるかもしれません。