ディーラーから買うメリット

自動車メーカーに直結しているという安心感

一般的に中古車は新車よりも自動車メーカーとのつながりが薄いと感じている人は多く、万が一のトラブルが起きた時に自動車メーカーを頼れないと悩みを抱えている人も少なくありません。そんな悩みを抱えている人にとって、自動車メーカーに直結しているディーラーから購入することは大きなメリットと言えます。ディーラーは特定の自動車メーカーと直結しているので、そのメーカーが販売している車であれば新車でなくてもある程度のノウハウを身につけています。そのため中古車であっても細部まで知り尽くしているという人は多いですし、万が一のトラブルが起きた時には頼りにできる安心感があるのです。 このように中古車であってもメーカーとの繋がりをしっかり持っていたい、安心感を持ちたい人はディーラーから買う方が良いと言えます。

販売されている中古車は比較的走行距離が短い

中古車を購入するとなると、それなりに走行距離が多くなっているものが少なくないですよね。そのためできる限り走行距離が少ないものを選びたいと考える人も多いのですが、そういう人ほどディーラーで購入した方がいいと考えられています。実はディーラーで販売されている中古車はある程度走行距離があるものの、中古車販売店と比較するとやや走行距離が少ないものが多い傾向が見受けられるのです。これはディーラー保証をつけるためには特定の条件を満たしていなければいけないためで、中古車であっても走行距離が多いものはディーラー店で販売することができません。

ほかにも年式の古いものはディーラーで販売されていないので、走行距離や年式を気にする人にもおすすめです。